パナソニック、終盤に反撃 四国銀行と1点差に 都市対抗

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【高知市(四国銀行)-門真市(パナソニック)】四回裏門真市2死一塁、打者・片山の時、一塁走者・小峰(右)が二塁に盗塁成功。悪送球で三塁に進む=東京ドームで2020年11月29日、手塚耕一郎撮影
【高知市(四国銀行)-門真市(パナソニック)】四回裏門真市2死一塁、打者・片山の時、一塁走者・小峰(右)が二塁に盗塁成功。悪送球で三塁に進む=東京ドームで2020年11月29日、手塚耕一郎撮影

 第91回都市対抗野球大会は第8日の29日、2回戦3試合。第3試合は四国銀行(高知市)とパナソニック(門真市)が対戦した。

 四国銀行は四回、1死一塁で4番・南が右中間フェンス直撃の適時二塁打を放ち1点。さらに2死三塁から6番・水野にも適時二塁打が出てこの回2点を先制した。

 パナソニックは八回、連続四死球で1死一…

この記事は有料記事です。

残り131文字(全文287文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい