信頼に応えて「開花」の時 日本新薬・船曳 予選1割台から復活の一発 都市対抗

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【広島市(三菱重工広島)-京都市(日本新薬)】六回裏京都市無死、船曳が勝ち越しのソロ本塁打を左中間に放つ=東京ドームで2020年11月29日、手塚耕一郎撮影
【広島市(三菱重工広島)-京都市(日本新薬)】六回裏京都市無死、船曳が勝ち越しのソロ本塁打を左中間に放つ=東京ドームで2020年11月29日、手塚耕一郎撮影

 第91回都市対抗野球大会は第8日の29日、東京ドームで2回戦があり、京都市・日本新薬(近畿第4代表)が5―2で広島市・三菱重工広島(中国第1代表)を破って8強入りを決めた。リードオフマンの新人・船曳海(ふなびき・わたる)の勝ち越し本塁打が、チームを勢いづけた。

 「無心で振り切った」という打球は逆方向へ高い弧を描き、左中間スタンドに吸い込まれた。先頭で打席に立った同点の六回。広島市の2番手・長島の初球を仕留めた。勝ち越しソロは、自身にとってもうれしい都市対抗初安打になった。

この記事は有料記事です。

残り608文字(全文847文字)

あわせて読みたい