大リーガー好みの帽子で快投乱麻 マウンド度胸満点のホンダ熊本・横川 都市対抗

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【東京都(JR東日本)-大津町(ホンダ熊本)】力投する大津町の先発・横川=東京ドームで2020年11月29日、西夏生撮影
【東京都(JR東日本)-大津町(ホンダ熊本)】力投する大津町の先発・横川=東京ドームで2020年11月29日、西夏生撮影

 第91回都市対抗野球大会は第8日の29日、2回戦が行われ、大津町・ホンダ熊本(九州第1代表)が4―1で東京都・JR東日本(東京第1代表)を破った。先発左腕・横川は6回を2安打1失点と好投し、第74回大会(2003年)以来の8強入りを引き寄せた。

 今どきの24歳は大舞台にも動じない。この大会のために新調した帽子は「個性を出していこうかな」と、つばを平らにしてみた。米大リーグの筒香(レイズ)やプロ野球の森(ソフトバンク)、山本(オリックス)らが好んでいるスタイルだ。…

この記事は有料記事です。

残り488文字(全文722文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい