「東京都を代表する投手」も平常心保てず 東京ガスからの補強の高橋 都市対抗

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【東京都(JR東日本)-大津町(ホンダ熊本)】五回裏、自らの野選で無死満塁のピンチを招き厳しい表情の東京都の先発・高橋=東京ドームで2020年11月29日、平川義之撮影
【東京都(JR東日本)-大津町(ホンダ熊本)】五回裏、自らの野選で無死満塁のピンチを招き厳しい表情の東京都の先発・高橋=東京ドームで2020年11月29日、平川義之撮影

 第91回都市対抗野球大会は第8日の29日、2回戦を行い、東京都・JR東日本(東京第1代表)は大津町・ホンダ熊本(九州第1代表)に1―4で敗れた。

 下馬評が高い強豪チームが次々敗れる今大会の流れに、東京都もあらがえなかった。浜岡監督が「東京都を代表する投手」と目をつけ、東京ガスから補強した新人左腕・高橋を先発マウンドに送り込んだが、五回途中4失点でノックアウトされた。

 ほころびの兆候は、序盤から見え始めていた。いつもより球が上ずり、さらに「カウントを悪くしたくない」と恐怖心が芽生えた。自然と真ん中寄りの球が増え、四回に同点ソロを浴びると、五回に限界が訪れた。

この記事は有料記事です。

残り521文字(全文803文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい