メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

監督退任発表の浦和とセ大阪 明暗くっきり 残り試合の戦う理由それぞれ

【セ大阪-横浜FC】後半、先制ゴールを決めたブルーノメンデス(左から2人目)を笑顔で出迎えるセ大阪の選手たち=ヤンマースタジアム長居で2020年11月29日、藤井達也撮影

 監督の退任が発表されたばかりのJ1セ大阪と浦和。29日のリーグ戦では明暗が分かれた。セ大阪は横浜FCを1-0で破り、来季アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)出場の可能性を残した一方、浦和は鹿島に0-4と大敗し、可能性が完全消滅した。【福田智沙、大東祐紀】

人気クラブゆえの難しさ

 4試合を残して25日に大槻監督の退任が明らかになった浦和。当の指揮官は「思いのほか(心境の変化は)あまりない。この仕事に誇りを持って、責任を持ってやってきたつもり。数字はふがいないが、この仕事に100%かけてきたことには揺るぎのない自信がある」と言い切る。

 2006年を最後にリーグ優勝から遠ざかる。12年から指揮をとったペトロビッチ氏(現札幌監督)が17年途中で退任してからは、監督が毎年のように変わり、スタイルも攻撃的、守備的とぶれた。大槻監督がシーズン途中で就任した昨季も14位に沈んだ。

 このため、クラブは…

この記事は有料記事です。

残り736文字(全文1134文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 武田真治、インフルエンザ感染 ミュージカル『パレード』当面休演

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 「分断」につけこむロシアの情報戦 小泉悠氏が警告する日本の「甘さ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです