門真市の先発左腕・榎本 突きつけられた「一球の重み」と「課題」 都市対抗

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【高知市(四国銀行)-門真市(パナソニック)】四回表高知市1死一塁、南(奥)に適時二塁打を打たれた門真市の先発・榎本=東京ドームで2020年11月29日、平川義之撮影
【高知市(四国銀行)-門真市(パナソニック)】四回表高知市1死一塁、南(奥)に適時二塁打を打たれた門真市の先発・榎本=東京ドームで2020年11月29日、平川義之撮影

 第91回都市対抗野球大会は第8日の29日、2回戦が行われ、門真市・パナソニック(近畿第2代表)は高知市・四国銀行(四国代表)に1―2で競り負けた。門真市の先発左腕・榎本は敗戦の責任を一身に背負った。

甘く入ったスライダー

 味方が先制の好機を逃した直後の四回。「点につながる流れ。一人一人、抑えていこう」と先頭打者の真田を遊ゴロに打ち取った。だが、次打者の小林には「真っすぐかスライダーというサインで、中途半端になってしまった」。手元が狂って死球を与え、集中が甘くなった。

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文631文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい