連載

まいにちボードゲーム

日本ではゲームといえばテレビやスマホがメインですが、近年、対面で行う非電源ゲームも注目を集めています。人気のボードゲーム・カードゲームを紹介します。

連載一覧

まいにちボードゲーム

ウボンゴ 解いて叫んで脳トレ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスの感染拡大で、自宅にいる時間が長くなり、高齢者の認知機能の衰えが心配されています。いやいや高齢者だけではありません、最近人の名前が思い出せなかったり、家の鍵を掛けたかどうか心配で戻ったりしていませんか?

脳トレに最適な「ウボンゴ」(左)と「セット」 拡大
脳トレに最適な「ウボンゴ」(左)と「セット」

 そんなあなたに今回紹介するのが、脳トレに最適な「ウボンゴ」と「セット」です。

時間制限しパズル挑戦

 「ウボンゴ」は時間内に複数のパーツを枠にぴったりはめればOKというパズルゲーム。問題は、表面は3ピース、裏面は4ピースをはめることになっていますが、大人なら最初から4ピースに挑戦してもらいたいところ。

時間内にパーツをうまく枠にはめ込む「ウボンゴ」。今回は上から3番目のサイコロの目が出たので、下の4パーツが選択された 拡大
時間内にパーツをうまく枠にはめ込む「ウボンゴ」。今回は上から3番目のサイコロの目が出たので、下の4パーツが選択された
うまく解けた! 拡大
うまく解けた!

 ルールをざっくり説明します。まず、各プレーヤーに同じ構成の12ピースのパーツと、それぞれ異なるパズルボードが渡されます。動物やらお面やらアフリカっぽいイラストが描かれたサイコロを振って課題となる3~4ピースが指定され、砂時計(1分計)をひっくり返してゲームスタート。砂が落ちきる前に解けたプレーヤーが「ウボンゴ」と叫び、最初の人は3点の青い宝石をゲット。時間内に解けた2番目の人も1点の茶色い宝石を得ます。

同じボードでもサイコロの目が変われば課題となるタイルも変化する 拡大
同じボードでもサイコロの目が変われば課題となるタイルも変化する
それでも必ず解けるようにデザインされている 拡大
それでも必ず解けるようにデザインされている

 また、時間内に完成させた全プレーヤーは宝石を一つ袋から引くことができます。これを9回繰り返して最も宝石の点数の合計が高いプレーヤーが勝利します。袋から4点の赤い宝石を引けたりするので、完全な実力勝負とはなりません。

スワヒリ語で「脳」

 とはいえ、他人との勝負より自分との勝負がこのゲームの本質。うまく解けて「ウボンゴ!」と発声する瞬間が快感なのです。タイトルにもなっている「ウボンゴ」とはスワヒリ語で「脳」を意味します。逆に解けないとモヤモヤが募り「もうちょっと時間ちょうだい」となりますね。

 3ピース面を選べば小学校低学年でも大丈夫。幅広い年代が一緒になって遊べる文句なしの傑作です。問題となるパズルボードは36枚用意され、1枚あたり表裏で12問あるわけですから計432問。すべて覚えるのは無理でしょう。

 それでも物足りないという方には、パーツが三角形を連ねた形の「ウボンゴ ミニ トライゴ」や六角形ピースの「ウボンゴ ミニ エクストリーム」、ピースが立体になった「ウボンゴ 3D」もあります。

論理とひらめきで「セット」

「セット」は形、色、図形の個数、図形の塗り方の四つの要素を考えて、3枚のセットを早取りする 拡大
「セット」は形、色、図形の個数、図形の塗り方の四つの要素を考えて、3枚のセットを早取りする

 片や「セット」は少し古い作品ですが、気軽に取り出せるカードゲームなので、我が家でも認知症予防を兼ねてたびたびチャレンジしています。

例えばこの3枚は、①形は全部異なる②色も全部異なる③図形の個数も全部異なる④塗り方は3枚とも同じ--と1要素のみ共通でセット。上の写真の12枚の中にもセットが隠れています。見つけられるかな? 拡大
例えばこの3枚は、①形は全部異なる②色も全部異なる③図形の個数も全部異なる④塗り方は3枚とも同じ--と1要素のみ共通でセット。上の写真の12枚の中にもセットが隠れています。見つけられるかな?

 81枚のカードに図形が1~3個描かれています。場に12枚並べて、その中から3枚の「セット」を素早く探しだすカルタ方式。3枚が「セット」になる条件は、カードの4要素(形、色、図形の個数、図形の塗り方)それぞれが3枚で同じか異なるというもの。聞いただけでは「???」となりますが、例示した写真を見てもらえればなんとなく分かっていただけるかな。

 要は4要素で3枚を見比べて「2対1」になっているとダメなのです。「セット」とコールして3枚を手元に取ったら山札から表にしてまた探す。山札がなくなったらゲーム終了。獲得した「セット」数で勝敗を競います。

 12枚で「セット」がない確率は33分の1。プレーヤー全員が「これはセットないよね」と合意したら、さらに3枚場札を増やします。ちなみに場札15枚でセットがない確率は2500分の1です。

 理屈が分かるまで少し時間がかかりますが、慣れれば「セット」をいち早く発見した時のしてやったり感がたまりません。とはいえ若い世代にはコテンパンにされてしまいますが……。【野地哲郎】=次回は19日掲載

「ウボンゴ」データ

 1~4人用◆所要時間25分◆8歳以上対象◆グルゼゴーツ・レヒトマン作◆2003年初版

「セット」データ

 1~20人用◆所要時間30分◆6歳以上対象◆マーシャ・ファルコ作◆1988年初版

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集