メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アートの扉

ロースドルフ城の古伊万里 平和願う悲劇の色彩

大倉集古館で展示されているロースドルフ城コレクションの破壊された古伊万里=東京都港区で2020年11月20日、西夏生撮影

 オーストリアの古城に残されていた江戸時代の焼き物「古伊万里」が、数奇な歴史をへて里帰りしている。

 展示室で目に飛び込んでくるのは、床に置かれた陶磁器片。その数約250個。つややかな白い素地と鮮やかな彩色は、破片になってもなお美しさをとどめるが、元の形すら想像できないほど砕かれた姿に、来場者は息をのむだろう。

 古伊万里は江戸時代に生産が始まった磁器の総称。製品を積み出した現在の佐賀県にある伊万里港から名が付いた。ガラス質の釉薬(ゆうやく)を施した日本の磁器はヨーロッパ上流階級の間では「白い金」と評され、一流の調度品として人気を集めた。

この記事は有料記事です。

残り616文字(全文886文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の受験生、トイレに立てこもり警察が出動 注意されせき込む仕草も

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 新型コロナ、10年後には死亡率インフルエンザ以下に 米大学研究チームが試算

  4. ORICON NEWS 綾瀬はるか主演『天国と地獄』初回16.8%の好発進

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです