連載

アートの扉

国内各地の美術館が所蔵するイチオシの作品や、特設展の見どころを紹介します。

連載一覧

アートの扉

ロースドルフ城の古伊万里 平和願う悲劇の色彩

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大倉集古館で展示されているロースドルフ城コレクションの破壊された古伊万里=東京都港区で2020年11月20日、西夏生撮影
大倉集古館で展示されているロースドルフ城コレクションの破壊された古伊万里=東京都港区で2020年11月20日、西夏生撮影

 オーストリアの古城に残されていた江戸時代の焼き物「古伊万里」が、数奇な歴史をへて里帰りしている。

 展示室で目に飛び込んでくるのは、床に置かれた陶磁器片。その数約250個。つややかな白い素地と鮮やかな彩色は、破片になってもなお美しさをとどめるが、元の形すら想像できないほど砕かれた姿に、来場者は息をのむだろう。

 古伊万里は江戸時代に生産が始まった磁器の総称。製品を積み出した現在の佐賀県にある伊万里港から名が付いた。ガラス質の釉薬(ゆうやく)を施した日本の磁器はヨーロッパ上流階級の間では「白い金」と評され、一流の調度品として人気を集めた。

この記事は有料記事です。

残り616文字(全文886文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集