連載

見上げてごらん

科学や医療を巡るあらゆる出来事を永山悦子・医療プレミア編集長兼論説室が読み解きます。

連載一覧

見上げてごらん

科学と国境=永山悦子

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「科学に国境はない」と話す藤嶋昭・東京理科大栄誉教授。手にする写真は中国科学院院士になった教え子たちと撮影したものだ=東京都新宿区で2020年10月、永山悦子撮影
「科学に国境はない」と話す藤嶋昭・東京理科大栄誉教授。手にする写真は中国科学院院士になった教え子たちと撮影したものだ=東京都新宿区で2020年10月、永山悦子撮影

 酸素の発見者はだれ? 諸説あるが、一般には英国のジョセフ・プリーストリーが1775年に発表したのが最初とされる。では、窒素は? こちらは英国のダニエル・ラザフォードと、スウェーデンのカール・ウィルヘルム・シェーレが、72年のほぼ同時期に見つけたという。とても身近な気体なのに、まったく知らなかった。

 この問いは、光で化学反応を起こす「光触媒」を発見した世界的化学者、藤嶋昭・東京理科大栄誉教授(78)から投げかけられたもの。「実は、私も最近まで知らなかった。自分がいかにものを知らないか、ということです」

 藤嶋さんを訪ねたのは、多くの中国人研究者を育ててきたことについて聞きたかったから。藤嶋さんは、約40年前から世界中の留学生や研究者を受け入れてきた。中でも、中国人の教え子たちの活躍はめざましい。中国の学術界を代表する「中国科学院」の院士に3人が選ばれ、その一人はノーベル賞候補とされる。

この記事は有料記事です。

残り549文字(全文946文字)

あわせて読みたい

注目の特集