メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

池田エライザ(モデル、女優) 不安になるひまなんてない 「夏、至るころ」で映画監督デビュー

映画監督としてのデビュー作、「夏、至るところ」について語る池田エライザさん=東京都中央区で2020年11月20日、竹内紀臣撮影

 モデルで女優、歌手としても活躍する池田エライザが、映画監督としてデビューする。12月4日公開の「夏、至るころ」。24歳、多彩に活躍するカリスマが、新たな才能を見せた。

 「監督になりたい」と語ったインタビューがプロデューサーの目に留まり、白羽の矢が立った。福岡県田川市の仲良しの高校3年生、泰我(石内呂依)と翔(倉悠貴)が、自分の道を歩き始めるまでのひと夏を描く。

 「コロナ禍で何が起こるか予測できないから、これからの心配ばかりしてますよね。未来は大事だけど、過去に置いてけぼりにしてきたものを回収してない気がする。ド王道の青春映画で誰かの人生をじっくり見つめて、自分の人生も見つめられたらいいなあなんて。純粋な映画です」

この記事は有料記事です。

残り806文字(全文1117文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実の娘に性的暴行 差し戻し審も父に実刑判決 福島地裁

  2. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  3. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  4. 全米ライフル協会が破産申請 批判多いNY脱出、テキサス州で再編成へ

  5. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです