メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GOTO大学生協 コロナ赤字、学生ら支援へ知恵 安くて栄養、今こそ守れ

食堂の椅子が間引かれ、コロナ禍以前はいつもほぼ満席となっていた昼時でも利用者はまばら=京都大吉田キャンパスの中央食堂で2020年11月10日午後0時6分、菅沼舞撮影

 学生の胃袋と知を支える大学生協が、コロナ禍で経営の危機にさらされている。オンライン授業や教職員の在宅ワークで食堂や売店の利用者が激減し、多くの大学生協が今年度は数億円規模の赤字を見込む。各大学は秋の後期授業から徐々に対面授業を再開させているが完全回復までの道のりは遠い。生協の苦境を救おうと「GO TO 大学生協」と銘打ち、教員や学生らが応援に乗り出す動きも出始めた。

 10月下旬の京都大吉田キャンパス(京都市左京区)。昼になると京大生協のカフェテリアや食堂には学生や教員の行列ができるのが日常だったが、今はピーク時でもかつてのにぎわいには及ばない。後期から対面授業が一部再開されたが、部局によっては約7割でオンライン授業が続く。名物のパフェやうどんなど一部メニューは休止され、食堂内には「15分以内の短時間利用にご協力を」などの注意書きが。年間を通じ訪れていたインバ…

この記事は有料記事です。

残り1549文字(全文1934文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センバツ21世紀枠候補・知内 過疎の町の宝が掲げる「全員が脇役、全員が主役」

  2. センバツ21世紀枠 候補校紹介/1 知内(北海道) 「聖地」再訪へ、打撃強化

  3. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  4. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

  5. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです