全国高校駅伝

男子県代表、益田清風高 「自分に打ち勝って」 激励会で下呂市長エール /岐阜

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
全国高校駅伝競走大会に出場する益田清風高の選手と山内登下呂市長(最後列右から2人目)=岐阜県下呂市で 拡大
全国高校駅伝競走大会に出場する益田清風高の選手と山内登下呂市長(最後列右から2人目)=岐阜県下呂市で

 12月20日に京都市で実施される全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)に、男子県代表として出場する県立益田清風高(下呂市)の激励会が26日、下呂市の星雲会館であった。山内登市長が「全国では自分自身に打ち勝つつもりで頑張っていただきたい」とエールを送った。

 同高は15日、岐阜市での県予選会で優勝し、13年ぶり5回目の都大路出場を決めた。塚中一成監督は、新型コロナウイルス禍で多くの大会が中止になる中、「大変な場面を乗り越えたからこそ大きな力をつけた」とチームを評した。岩島共汰主将(3年)は「全国ではチーム全員で最善を尽くして走りたい」と抱負を述べた。【熊谷佐和子】

あわせて読みたい

注目の特集