メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野外コウノトリ200羽祝う 全国6市町、繁殖取り組みを報告 豊岡で記念イベント /兵庫

コウノトリファンクラブが主催した「野外コウノトリ200羽記念イベント」=豊岡市大手町の市民プラザで、村瀬達男撮影

 コウノトリの野生復帰を支援する全国の人たちでつくる「コウノトリファンクラブ」(事務局・県但馬県民局)は29日、「野外コウノトリ200羽記念イベント」を豊岡市大手町の市民プラザで開いた。広瀬栄・養父市長や多次勝昭・朝来市長ら全国6市町の繁殖地の関係者が取り組みを報告し、但馬地域のクラブ員約30人が熱心に耳を傾けた。【村瀬達男】

 同クラブは2004年の発足以来、俳優の柳生博さんが会長を務め、会員は約560人。野外コウノトリが6月25日に200羽(現在221羽)に達した記念にイベントを企画した。豊岡、朝来、養父の3市関係者が登壇したほか、栃木県小山市や千葉県野田市、NPO法人「とくしまコウノトリ基金」(徳島県北島町)の職員らがオンラインで参加した。

この記事は有料記事です。

残り289文字(全文615文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 新型コロナ、国内の死者5000人に 14日間で1000人増

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  5. 香取慎吾さん「声に出せることしか投稿しない」 SNSでの中傷がテーマのドラマに主演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです