メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

風知草

屁みたいな事件=山田孝男

 晩秋の国会に「桜を見る会」問題が戻ってきた。

 東京地検特捜部が安倍晋三前首相の秘書らを任意で聴取――と読売新聞がすっぱ抜いた(23日)。

 市民団体の告発に基づく受け身の捜査か、それ以上の展開になるか、詮索が続いているが、それで思い出す逸話がある。

 1973年11月12日、北京でキッシンジャー米国務長官と中国の毛沢東国家主席がかわした、ウォーターゲート事件をめぐる問答である。(肩書は当時)

この記事は有料記事です。

残り1152文字(全文1348文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 よく「試験地獄」などといわれるが…

  2. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  3. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

  4. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

  5. 社説 NHKの経営計画 視聴者本位の改革なのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです