メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

100年カンパニーの知恵

三省堂/下 今を切り取った「作品」

ポケット版英和辞典のパイオニアとして1922年に発刊した「袖珍(しょうちん)コンサイス英和辞典」=三省堂提供

 <since 1881>

 今月まで社長を務めた北口克彦会長が強調する出版の柱は明確だ。「うちは『実用性』だ」という意識は、編集・営業に浸透している。

 昨年9月に第4版を発刊した「大辞林」。岩波書店の「広辞苑」と並ぶ大型国語辞典の双璧だが、中身の切り口はかなり違う。例えば「ありがたい」という言葉。専門性を重んじる広辞苑の場合、「存在が稀(まれ)である」という古い語義が先頭だが、大辞林では「感謝にたえない」という現代の意味・用法を頭に出す。「使いやすさの追求。これが実用性だ」と北口会長。

 「大辞林 第4版」では購入者にスマホアプリ版を提供し、発刊時の未収録語を随時掲載している。三省堂は2006年に辞書編集のデジタル化を業界に先駆けて導入し、紙とスマホアプリ版を同時発刊することで「即時性」という新しい価値を生み出した。

この記事は有料記事です。

残り421文字(全文783文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 一転して医療崩壊の危機 集団免疫獲得とも取り上げられた都市で「第2波」

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  5. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです