メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学校とわたし

部活で茶道、交流通して学び=女優・新條由芽さん

新條由芽(しんじょう・ゆめ)さん

 自分の意見を表現することが苦手でした。小学校で書く読書感想文は「面白かったです」しか思い浮かばなかったような私が、プレゼンテーションで考えを伝える中高一貫校の入試を受けることを決めたのは、小学5年の時でした。「他とは違う学びがしたい」と思ったのが理由です。

 塾に通い、時事問題に対する考えや失敗と教訓などのテーマについて、考えをまとめて表現する特訓を重ねました。小学1年で始めたピアノは、学校から帰ると欠かさず2時間練習していました。その後で宿題を終わらせる毎日だったので、放課後に友だちと遊んだ記憶はありません。

 本番で出たプレゼンの課題は、「○○になりたい」でした。ピアノの先生になりたいという将来の夢をかなえるために努力していることを面接官に私の言葉で伝え、合格することができました。諦めずに頑張ったことで、弱点を克服できた貴重な経験です。

この記事は有料記事です。

残り681文字(全文1071文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 菅内閣支持33%、不支持57% 緊急事態遅すぎる71% 毎日新聞世論調査

  4. コロナで「困っています」物乞いする35歳 うつむく困窮者に届かぬ支援

  5. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです