メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

競馬 ジャパンカップ 3冠対決、女王堂々

ジャパンカップを制したルメール騎乗のアーモンドアイ(中央)。左は2着のコントレイル、右端は3着のデアリングタクト=佐々木順一撮影

 史上初の3頭の3冠馬による直接対決で、現役最強の称号を守り抜いた。東京競馬場で29日に行われた中央競馬の第40回ジャパンカップ(GⅠ・芝2400メートル)で、単勝1番人気のアーモンドアイ(クリストフ・ルメール騎乗)は2分23秒0で2年ぶり2回目の頂点に立ち、引退レースを勝利で飾った。

 中央競馬史上初となる芝GⅠ9勝目で、自らの最多記録を更新。2着のクラシック3冠馬コントレイル、3着の牝馬3冠馬デアリングタクトの挑戦を退け、「3強対決」を制した。今後は繁殖馬となる。

 アーモンドアイは優勝賞金3億円を獲得し、生涯獲得賞金は19億1526万3900円。キタサンブラック(18億7684万3000円)を抜いて歴代最高額となった。売り上げは前年比147・5%の272億7433万4600円と大幅に増加し、関心の高さをうかがわせた。

この記事は有料記事です。

残り2268文字(全文2632文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  5. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです