メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国民民主、罰則を盛り込んだ特措法改正案提出へ 立憲とは折り合わず

国民民主党の玉木雄一郎代表=東京都千代田区で、北山夏帆撮影

 国民民主党は30日、党の新型コロナウイルス対策本部を開き、使用制限などに従わない施設への罰則規定を盛り込んだ新型インフルエンザ等対策特別措置法改正案をまとめた。12月5日の国会会期末までに参院に単独提出する。

 改正案は、都道府県知事による施設使用制限の指示やその後の命令に従わなかった施設管理者に対…

この記事は有料記事です。

残り154文字(全文304文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ「第2波」で自殺16%増 東京都健康長寿医療センター分析

  2. インドネシア・スラウェシ島の地震 死者42人、負傷者600人以上に

  3. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

  4. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  5. NHK改革最終案を了承 受信料逃れに割増金 総務省の有識者会議 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです