メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

食品輸出、2030年に5兆円へ 政府が戦略決定 牛肉、日本酒など重点品目に

すき焼きで煮込まれる牛肉

 政府は30日、農林水産物や食品の輸出拡大に向けた関係閣僚会議を開催し、輸出額を2030年に5兆円に増やすための実行戦略を決定した。牛肉やコメ、日本酒など海外で人気の高い27品目を「重点品目」と位置付け、重点支援する。品目別に目標金額のほか、輸出を増やすターゲットとする国も明確にし、戦略的に輸出拡大を進める。

 重点品目は、海外で評価が高く、輸出を増やす余地が大きい品目を選んだ。「和牛」として世界的に人気が高まっている「牛肉」や、すしや日本食ブームに乗って人気があり、パックご飯や米粉も含む「コメ・コメ加工品」、世界的に認知度が高まっている「日本酒」などを選定。これまでは、日本向けに生産・加工したものを海外に輸出する戦略だったが、今後は海外の消費者の好みに合わせて生産する「輸出産地」を品目ごとに設定し、重…

この記事は有料記事です。

残り461文字(全文816文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  3. ベスト電器、企業として消滅へ ヤマダデンキが吸収合併 かつての家電業界トップ

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. メルケル首相がトランプ米大統領を擁護? 発言録をドイツ文学者が読み解く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです