メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

赤い羽根募金、コロナ禍でも善戦 北海道89市町村、地方都市中心 「お互いさま」の心で

椅子の上に募金箱を置くなど接触を避けて行う街頭募金=北海道北見市共同募金委員会提供

 10月に始まり年末まで続く赤い羽根共同募金運動で、北海道内179市町村のうち89市町村が前年実績を上回っている。新型コロナウイルス感染拡大による景気低迷で苦戦が予想される中、地方都市を中心に善戦している。「困った時はお互いさま」を原点とするこの運動。人々の間にこうした温情が働いているとみられる。

 北海道共同募金会が同月15日現在の状況をまとめた中間報告で明らかになった。

 北見市共同募金委員会では、街頭募金で募金箱を首からぶら下げる例年のスタイルを改め、椅子に募金箱や羽根を置くなどして接触を極力避けている。大声での呼び掛けも行わず、ラジカセの音声を使う。例年募金を手伝う高齢者や子どもの団体が今年は参加できず、異例ずくめの募金活動となっている。

この記事は有料記事です。

残り524文字(全文849文字)

本多竹志

地方紙を経て2017年から北海道報道部北見勤務。面積約1万690平方キロメートル、十勝に次ぐ広大なオホーツク管内を担当。カーリングのまち北見をはじめ、網走、知床、紋別など観光産業が盛んな地域の姿を紹介。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  2. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  5. 四国トピックス 「眼鏡曇らないマスク」 徳島の2店がコラボし開発 通気性抜群「接客業にぜひ」 /徳島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです