優雅に舞い、打者を切る NTT東・沼田、名は体を表す投球術 都市対抗

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【浜松市(ヤマハ)-東京都(NTT東日本)】力投する東京都の先発・沼田=東京ドームで2020年11月30日、手塚耕一郎撮影
【浜松市(ヤマハ)-東京都(NTT東日本)】力投する東京都の先発・沼田=東京ドームで2020年11月30日、手塚耕一郎撮影

 第91回都市対抗野球大会は第9日の30日、第1試合の2回戦で東京都・NTT東日本(東京第2代表)が浜松市・ヤマハ(東海第3代表)を11―1で降し、大会初のコールド勝ちを決めて準々決勝に進んだ。東京都の先発・沼田は、1回戦で15安打を放った浜松市の強力打線を抑え込んだ。

 喜怒哀楽を表情に出さず、リズム良く淡々と投げていく。仲間の集中打につながる流れを、名前の通り“優雅”に作っていった。身長172センチとやや小柄だが、…

この記事は有料記事です。

残り551文字(全文761文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい