メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

恋ふらむ鳥は

/164 澤田瞳子 画 村田涼平

 【あらすじ】葛城と鎌足は飛鳥から近江に都を移そうと計画を進めるが、周囲からは想定以上の反発の声が相次ぐ。百済出兵の時に歌を詠んで兵士の士気を高めた額田が、今度は遷都を祝福する歌を詠むことで計画を促そうと提案する。

「ああ、すみません。驚かせてしまいましたか。いえ、額田(ぬかた)どのがいったいなぜ、歌を詠むと仰せられたのかと思ったもので、つい」

 悪いと思った風もなく己の顎(あご)をひと撫(な)でして、鎌足(かまたり)はわずかに目を細めた。

この記事は有料記事です。

残り832文字(全文1052文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 大阪で過去最多23人死亡 新型コロナ 新たな感染者は357人

  3. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約内定から見えてきたこととは

  4. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです