メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私の記念碑

演出家 宮本亞門/3 母の後押しでNYへ

母(左)と並ぶ宮本亞門=本人提供

 いつまでたっても学校生活になじめないまま、高校2年で自室にひきこもりがちになった。音楽や本、仏像鑑賞に没頭した。「周りからどんどん分離していく中、自分の好きなことを思い続けることでギリギリ存在している感じだった」

 高3の時、ふとしたきっかけで顔を出した演劇部が転機となった。幼い頃から舞台を見てきた蓄積から自分の考えを言うと、周りが感心して耳を傾けてくれた。文化祭で上演したロックミュージカルが大評判となり、大学では演劇を専攻した。

 ある日、新聞で東京・銀座の博品館劇場のこけら落とし公演で出演者オーディションがあることを知る。会場に入ると、周りは上手な人ばかり。「みんなダンスシューズなのに僕だけ裸足で浮いていたし、すごく下手だった。でも一生懸命な熱意を感じてもらえたのだと思う」。合格して大学を中退し、ダンサーとして舞台人の第一歩を踏み出した。

この記事は有料記事です。

残り402文字(全文777文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  4. 宮古島市長選 新人・座喜味氏が現職破り初当選 「オール沖縄」勢力が擁立

  5. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです