メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

この1年

古典芸能・商業演劇 歌舞伎で配信も

 新型コロナウイルスの猛威は大劇場演劇にも痛手を与え、緊急事態宣言もあって東宝、松竹とも3月から公演の中止・延期が相次いだ。5月から3カ月間にわたり、東京・歌舞伎座で予定されていた「十三代目市川團十郎白猿襲名披露」興行は延期、「エリザベート」「ミス・サイゴン」など人気ミュージカルの全国公演は中止された。

 歌舞伎の本興行は東京・歌舞伎座の「八月花形歌舞伎」から再開されたが、感染対策として12月公演まで出演者やスタッフを入れ替えた1時間内外で幕あいなしの4部制形式となった。東京・国立劇場は9月から文楽、10月から歌舞伎公演を再開。歌舞伎公演は12月まで出演者を入れ替えた2部制を取った。両劇場とも客席は前後左右を空けて使用された。

この記事は有料記事です。

残り727文字(全文1043文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 新型コロナ、国内の死者5000人に 14日間で1000人増

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  5. 香取慎吾さん「声に出せることしか投稿しない」 SNSでの中傷がテーマのドラマに主演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです