メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マーメイド号「ふね遺産」 暴挙と言われた単独太平洋横断 初の公的評価 堀江謙一さん「望外の喜び」

堀江謙一さんが太平洋単独横断に成功した小型ヨット、マーメイド号。帆に人魚のマークが入っている=1962年撮影

 兵庫県芦屋市在住の海洋冒険家、堀江謙一さん(82)が1962年に世界で初めて単独太平洋横断を達成した際に乗った小型ヨット「マーメイド号」が、公益社団法人・日本船舶海洋工学会の「ふね遺産」に認定された。日本では当初「密航事件」「人命軽視の暴挙」などと扱われた太平洋横断。堀江さんは当時国内での評価は民間の菊池寛賞が唯一だったと振り返り、「公的な団体から評価してもらえることは、もう一生ないだろうと思っていた」と手放しで喜ぶ。半世紀を経て評価された、その理由とは――。

 62年5月12日夜、当時23歳だった堀江さんはマーメイド号に乗り込み西宮港(兵庫県西宮市)を出発。途中、3回の嵐に遭いながら94日間かけて直線距離で約8700キロを単独航海し、米サンフランシスコ湾に到着した。米国で堀江さんは「英雄」として扱われた。連日、テレビや新聞のインタビューに追われ、サンフランシスコ市長から名誉市民として迎えられた。一方、日本では旅券を持たずに出国したことなどから捜査対象と…

この記事は有料記事です。

残り1115文字(全文1548文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 西野七瀬、初舞台に緊張しきり「ストレッチからガチガチ…」

  2. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  3. 駿河湾に1メートル超の深海魚 「ヨコヅナイワシ」と命名 海洋機構ら研究チーム

  4. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

  5. 名古屋市消防局が救急搬送の2人、心肺停止に ベッド満床で受け入れ先見つからず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです