メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

待ってました! 京都・南座、まねき上げ

吉例顔見世興行を前に、南座に役者の名前が書かれた看板を掲げる「まねき上げ」。ロープを使って最後の1枚がつり上げられた=京都市東山区で2020年12月1日午前9時5分、川平愛撮影

 5日に歌舞伎公演「吉例顔見世興行」が始まる京都・南座(京都市東山区)で1日、出演する役者の名前などが記された看板「まねき」が、劇場正面に掲げられた。南座での演劇公演はコロナ禍で中止が続き、顔見世が約9カ月ぶりの公演。京都の師走の風物詩でもある「まねき上げ」に、関係者が無事の興行を祈願した。

 午前9時過ぎ、「片岡仁左衛門」と書かれ…

この記事は有料記事です。

残り130文字(全文296文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  4. 宮古島市長選 新人・座喜味氏が現職破り初当選 「オール沖縄」勢力が擁立

  5. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです