メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 復興へ希望乗せて 全線開通の常磐線に新駅舎 楢葉・竜田駅/富岡・夜ノ森駅 /福島

JR竜田駅前にオープンした太陽光発電による電動アシスト付き自転車の「サイクルポート」。奥は完成した駅の東西自由通路=福島県楢葉町井出で2020年11月30日午後0時5分、柿沼秀行撮影

 東京電力福島第1原発事故で不通となり、今年3月に全線開通したJR常磐線で、夜ノ森駅(富岡町)の待合室や竜田駅(楢葉町)の駅舎の整備工事が完了し、30日、完成式典があった。かつての風情を一部で残しながら、復興に向け新しい町の「顔」として生まれ変わった。【柿沼秀行、渡部直樹】

太陽光自転車で町へ 楢葉・竜田駅

 楢葉町の竜田駅では、東西を結ぶ自由通路と橋上駅舎が完成。この日に合わせて、太陽光発電による電動アシスト付き自転車のシェアサイクル事業も始まり、同駅前で事業者によるデモンストレーションが行われた。

 事業を手がけたのは、町内に国内最大級の太陽光パネル工場を持つ太陽電池製造の「アンフィニ」(大阪市浪速区)。竜田駅のほか、Jヴィレッジ駅など町内5カ所の「サイクルポート」に計20台を配置。スマートフォンのアプリを使って貸し出しができるようにした。レンタル料は15分50円、6時間1000円など。

この記事は有料記事です。

残り821文字(全文1219文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. 新型コロナ変異株、東京の40代男性が感染 10代未満女児の濃厚接触者

  3. イオン、就業時間中は全面禁煙に 従業員45万人対象 「卒煙」支援も

  4. ORICON NEWS ジャングルポケット・斉藤慎二、新型コロナ感染 相方おたけ&太田博久は陰性

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです