新型コロナ 「感染者へ心のケアを」 自宅待機から復帰 知事、実感込め /福島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
自宅待機が明け、定例記者会見に臨む内堀雅雄知事=福島県庁で2020年11月30日、高橋隆輔撮影
自宅待機が明け、定例記者会見に臨む内堀雅雄知事=福島県庁で2020年11月30日、高橋隆輔撮影

 新型コロナウイルス感染者との濃厚接触が判明し自宅待機していた内堀雅雄知事が30日、13日ぶりに県庁に登庁した。最初の公務となった定例記者会見では「感染した方や周囲の方への心のケアの重要性を心に置き、感染症対策に誠心誠意取り組みたい」と実感を込めて語った。

 内堀知事は、13日に新型コロナウイルスに感染した男性運転手と、公用車に約2時間同乗。男性はマスクを着用していたが、…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文465文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集