メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

住基台帳や健保、共同利用へ覚書 行田市と蓮田市 /埼玉

 行田市は、住民情報を民間のデータセンターで管理し、ネットワークを通じて共同利用する「自治体クラウド」を蓮田市と共同で導入すると発表した。両市長が覚書を交わした。行田市は2021年1月から、蓮田市は同4月から利用を開始する。県内の市で自治体クラウド導入は初めて。

 対象となる住民情報は、住民基本台帳や健康保険、国…

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文392文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 報道は「密」を演出したのか カメラマンから見た「圧縮効果」批判と撮る側の悩み

  2. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. ORICON NEWS 吉川ひなの、第3子妊娠を報告「5人家族になることになりました!」

  5. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです