メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

養老先生のさかさま人間学 生きるっておもしろい(イラスト・佐藤学)

 江戸時代に、参勤交代という制度がありました。大名たちが一定期間、江戸に住んだり自分の領地に住んだりすることを義務付けていたのです。

 もちろん移動するのは大名だけでなく、大勢の家来を引き連れていましたから、地方と都会を多くの人が絶えず行き来していたことになります。

 この制度の本来の目的は、地方の大名の反乱を防ぐことだったといわれています。それとは別に、大勢の人が都市と田舎を行ったり来たりすることが、社会そのものにどういう影響を与えたのでしょうか。私は、きっと大きな効果があったに違いないと思っています。

 現代の日本では「都会に住まないと仕事にならない」「仕事ができない」などと言って、どんどん人が都会に集中するようになりました。その結果、多くの人が東京を中心とする都会に住んでいます。

この記事は有料記事です。

残り368文字(全文712文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 「なぜ?なぜ?なぜ娘だったのか」 福岡・商業施設女性刺殺、被害者の母

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです