メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと東日本・食べる・つながる

東京 佃煮 江戸の粋、職人のこだわり 産地厳選の素材 /東京

 佃煮(つくだに)は江戸時代、江戸の名物として全国に広まったといわれる。各地に農水産物を生かした「ご当地佃煮」があり、東京でもスーパーなどで買える。一方で、こだわりの製法で東京都地域特産品認証食品となっている佃煮もある。その製造現場を訪ね、職人の技を垣間見た。【近藤浩之】

 江東区東雲(しののめ)にある「佃宝(つくほう) 深川東雲本店」。1957年に創業し、「調味料まで無添加の手作り佃煮」が看板だ。初代の水谷豊夫さん(故人)が生み出した製法を今も受け継いでいる。豊夫さんの妻で2代目の秀子さん(83)が「高度成長期を前に、佃煮は塩辛くて硬くて黒く、ひとすくいでご飯が茶わん1杯食べられるのが当たり前の時代でした」と創業当時を振り返る。「体が頑強でなかった主人は逆に、甘辛で軟らかく色もきれいな佃煮を考えたのです」

 初めて店舗を構えたのが、おばあちゃんの原宿、巣鴨だったこともあり、お年寄りも食べやすく体に優しい佃煮を追求したそうだ。

この記事は有料記事です。

残り1111文字(全文1528文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. 刃物で襲いかかられ警察官が発砲・命中 横浜のマンション

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. DVから逃れたのに元夫が突然現れ…原因は「役所のミス」 被害女性の怒り

  5. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです