メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

紀北ゆかりの作家ら11人 文学碑13基を紹介 27日まで海山郷土資料館 /三重

梶井基次郎らの文学碑を紹介する写真や資料の展示=三重県紀北町中里の海山郷土資料館で2020年11月6日、下村恵美撮影

 紀北町にゆかりのある作家や俳人ら11人の文学碑13基を写真や資料で紹介する特別展が海山郷土資料館(同町中里)で開かれている。12月27日まで。月・祝休館。入場無料。

 町立上里小学校(同町上里)の校庭には、小説「城のある町にて」などで知られる作家の梶井基次郎(1901~32年)の文学碑が建つ。基次郎は、旧制第三高校(現在の京都大)2年だった1920(大正9)年に病気療養のため、同小に務…

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文487文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  2. 坂本龍一さん、直腸がん公表 手術終え治療中 公式サイトで明らかに

  3. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  4. 河井案里被告に有罪判決、一部無罪 参院選の大規模買収事件 東京地裁

  5. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです