連載

第91回都市対抗野球

毎日新聞デジタルの「第91回都市対抗野球」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

第91回都市対抗野球

NTT西、4強ならず セガサミーに2-7 府勢全て姿消す /大阪

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【セガサミー-NTT西日本】三回裏NTT西日本2死二塁、酒井が右中間に適時三塁打を放つ=東京ドームで、手塚耕一郎撮影
【セガサミー-NTT西日本】三回裏NTT西日本2死二塁、酒井が右中間に適時三塁打を放つ=東京ドームで、手塚耕一郎撮影

 第91回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)は30日、東京ドームで準々決勝があり、NTT西日本(大阪市、近畿第1代表)がセガサミー(東京都、東京第3代表)に2―7で完敗した。府勢は4チーム出場していたが、これで全て姿を消した。

 静かな終わりだった。九回2死走者なし。追い込まれた野村勇選手は、抜けながら内に来た落ちる球に手が出ず、あっけにとられた様子で三振した。

 1回戦で8回無失点の浜崎浩大投手は、二、三回のいずれも、相手の二盗に要所で制球が甘くなったところを痛打され、2点を失って早々に降板。2回戦で好投した2番手の大江克哉投手も、七回に球が上ずって1点を失った。満塁で今大会初登板の河津颯太投手にマウンドを託したが、ライナー性の打球は左翼手の日下部光選手が手を伸ばしたが届かず、転々と転がった。

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文690文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい