メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

姫路城の中堀調査 90年ぶり遺構を確認 当時の家屋規模が明らかに /兵庫

発掘された姫路城中堀の石垣。さらに地中に続いているとみられる=姫路市元塩町で、後藤奈緒撮影

 姫路市は30日、道路整備のため約90年前に埋め立てられた姫路城中堀の石垣や町人の住居の遺構を発掘調査で確認したと明らかにした。江戸時代に築造された石垣は、東西に伸びる堀の南側部分に当たる。住居跡は堀に面して4区画あり、当時の家屋の規模を知ることができる。【後藤奈緒】

 道路の拡幅工事に伴い調査を実施。調査対象は同市元塩町の525平方メートルで、うち約242平方メートルを発掘した。姫路城は、天守などがある「内曲輪(うちぐるわ)」、主に武家屋敷が並んでいた「中曲輪」、寺社や町人の住居があった「外曲輪」の三重構造だった。中堀は、中曲輪と外曲輪の境にあたる。

 確認された石垣は2、3段分で長さは16・4メートル、高さ0・5メートル、厚さ約2メートル。さらに地中に埋もれているため、全体像は不明だ。堀跡のすぐ南側に、住居の境界を示す石列と、堀寄りにごみの処分に使っていたとみられる大小の穴や溝が62カ所見つかった。穴からは、貝殻や江戸時代以降の食器片などが出土した。

この記事は有料記事です。

残り562文字(全文993文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 西野七瀬、初舞台に緊張しきり「ストレッチからガチガチ…」

  2. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  3. 駿河湾に1メートル超の深海魚 「ヨコヅナイワシ」と命名 海洋機構ら研究チーム

  4. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

  5. 名古屋市消防局が救急搬送の2人、心肺停止に ベッド満床で受け入れ先見つからず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです