メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

造山古墳、埴輪列初確認 全国4位の墳丘規模 発掘現場を一般公開 岡山・北区 /岡山

一般公開された造山古墳の発掘現=岡山市で、共同

 全国4位の墳丘規模を誇る岡山市北区の造山古墳(前方後円墳、全長350メートル)で埴輪(はにわ)列が初めて確認され、岡山市教育委員会は11月29日、発掘現場を一般公開した。市教委文化財課の寒川史也主任は「埴輪列の発見で、古墳築造時の具体像が分かる。多くの人の手がかかっていたとみられ、地域を治めた王の墓にふさわしい」としている。

 全国最大の大山古墳(仁徳天皇陵、堺市、全長486メートル)など巨大古墳の多くは宮内庁が陵墓として管理。造山古墳は墳丘に立ち入れる古墳としては最大で、5世紀前半の吉備地方を支配した王の墓とされる。

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文507文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

  5. 菅政権は自民「脱原発派」の追い風になるか 再エネ普及にも意欲

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです