ペシャワール会、故・中村哲さん 河川哲学を学ぶ 久留米で集い 山田堰の技術、アフガンに /福岡

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
筑後川の山田堰
筑後川の山田堰

 昨年12月に亡くなったNGO「ペシャワール会」(福岡市)の中村哲医師(当時73歳)がアフガニスタンで取り組んだ灌漑(かんがい)事業などの功績を振り返る「中村哲先生の河川哲学を学ぶ集い」が29日、久留米市の久留米大御井キャンパスで開かれ、約130人が参加した。

 中村さんは昨年12月、アフガニスタンで武装組織に銃撃され死亡。中村さんが、筑後川中流に江戸時代建設された山田堰(ぜき)(朝倉市)の取水技術などを、アフガンの用水路建設に取り入れて荒れ地を農地に変えた。この用水路が現地…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文599文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集