メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証

東証、信頼回復遠く ずさん障害対策、露呈 業務改善命令・社長引責辞任

 東京証券取引所のシステム障害は、宮原幸一郎社長の引責辞任に発展した。売買の終日停止という異例の事態を招いた東証の責任は重い。政府が成長戦略の柱に掲げる「国際金融都市構想」への影響も懸念され、日本市場の信頼回復の道のりは容易ではない。

 「金融商品取引所に対する投資家の信頼を著しく損なうものだった」。東証が起こした前例のないシステム障害に対し、金融庁は30日に出した業務改善命令で厳しく批判した。この日記者会見した親会社の日本取引所グループ(JPX)の清田瞭最高経営責任者(CEO)は冒頭、「投資家をはじめ市場関係者に多大なご迷惑と心配をおかけし、改めて深くおわびする」と謝罪した。東証とJPXは再発防止策の策定を急ぐ。

 金融庁は業務改善命令で、ずさんなシステム管理の改善の必要性を指摘した。取引に使うシステムが約5年前に仕様変更された際に問題点に気付かなかった点を挙げ、機器に仕様変更があった際の確認プロセスを見直すよう求めた。

この記事は有料記事です。

残り1787文字(全文2202文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 英国のコロナ変異株「死亡率高い可能性」 ジョンソン首相が発表

  2. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  3. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 自民・石原伸晃元幹事長が新型コロナ感染 派閥領袖で初めて

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです