メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火論

ストップとゴーの戦い=大治朋子

 <ka-ron>

 中東でまた暗殺事件が起きた。イランの首都テヘラン郊外で11月27日、車を運転中の核科学者が爆弾攻撃を受けたうえ銃撃された。

 イランの外相は、敵対するイスラエルの「関与」を指摘。米当局者がイスラエルによるものと認めたとの米紙報道もある。

 エルサレム特派員時代、過去の暗殺事件について、イスラエル治安当局の元幹部らにインタビューしたことがある。「暗殺事件がイスラエルの手によるものかどうかを見極める方法はありますか」。私の質問にある元幹部が答えた。「地上作戦で、爆弾や薬物、銃などを使うのが特徴」。ちなみに米国は近年、ドローンを使った空からの暗殺が中心だ。地上での作戦は地元に協力者を作り、ハンドラー(実行犯を動かす人)との間で信頼関係を築くなど時間も労力もかかる。最近の米治安当局者はそんな「手間」を嫌がるのだという。

 仮にイスラエルによる事件だとして、利益を得るのは誰か。

この記事は有料記事です。

残り643文字(全文1039文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  3. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  4. トランプ氏の弾劾裁判、「2月第2週」開始 上院の民主と共和が合意

  5. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです