メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

日本学術会議の意義=東京大名誉教授・吉川弘之氏

吉川弘之・東京大名誉教授=本人提供

 「学者の国会」と呼ばれる日本学術会議==が、改革の波に翻弄(ほんろう)されている。菅義偉首相が、新会員の推薦名簿のうち6人を任命しなかった問題をきっかけに、政府や自民党が見直し論議を進める。日本学術会議の意義と課題はどこにあるのか。1997年から6年間、会長を務めた吉川弘之・東京大名誉教授(87)に聞いた。【聞き手・永山悦子】

この記事は有料記事です。

残り1739文字(全文1904文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  3. ロシア反体制派ナワリヌイ氏、帰国直後に拘束 影響力増大を警戒 欧州は非難

  4. ORICON NEWS 西野未姫、弟2人を顔出し「爽やか好青年!」「春日さんに似てる!」

  5. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです