タイ 国王直轄軍前でデモ 体制批判にナチス引用

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
タイのワチラロンコン国王をヒトラーになぞらえた声明文を軍駐屯地に投げ込む反体制派=バンコクで29日、共同
タイのワチラロンコン国王をヒトラーになぞらえた声明文を軍駐屯地に投げ込む反体制派=バンコクで29日、共同

 タイの反体制デモ隊は11月29日、バンコクにあるワチラロンコン国王直轄の陸軍第11歩兵連隊の駐屯地前で数千人規模の抗議集会を開いた。デモ隊はナチス・ドイツの独裁者ヒトラーが親衛隊(SS)による強権的な政治体制を敷いたことを引き合いに出しながら、「タイでも国王による軍の私物化が起きている」と批判した。デモ隊の国王批判は先鋭化しており、治安当局との緊張が高まっている。

 デモ隊はバンコク北部の鉄道駅を出発。放水を防ぐ盾の役割を果たしたとして、デモ隊のシンボルになっているアヒルの形のボートを担いで行進し、駐屯地前で治安当局とにらみ合った。

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文604文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集