韓国検事総長VS法相 泥沼 政権捜査巡り異例の法廷闘争

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 韓国政府・与党の不正に切り込む捜査を続ける尹錫悦(ユンソクヨル)検事総長と、「政治的中立」を理由に捜査にブレーキをかける秋美愛(チュミエ)法相との対立が激化している。秋氏が尹氏に職務停止命令を下したのに対し、尹氏は命令の執行停止を行政裁判所に申請した。現職の法相と検事総長が法廷闘争を展開する前代未聞の事態になっている。

 秋氏は11月24日の記者会見で「政治的中立に関する検事総長の威厳と信頼が損なわれた。これ以上の職務遂行は許されない」と発表。その理由として、文政権に批判的な報道機関と不適切に接触したことや、曺国(チョグク)前法相の職権乱用など主要事件を担当する判事の政治的傾向に関する情報を収集したことなどを挙げた。

この記事は有料記事です。

残り987文字(全文1299文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集