メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

小林美穂子さん=コロナ禍でワーキングプアを支援する

つくろい東京ファンドの小林美穂子さん=東京都中野区で2020年11月19日、内藤絵美撮影

小林美穂子(こばやし・みほこ)さん(52)

 「ステイホーム」と言われても、家のない人はどうしたら--。一般社団法人「つくろい東京ファンド」のスタッフとして、ネットカフェで寝泊まりできなくなったり、仕事を失ったりした「ワーキングプア」らを支援している。

 自宅がなくネットカフェと路上を行き来する若者は、「一見して困窮しているように見えない」こともあり、支援の網から漏れることがあった。専用のメール相談の窓口を設けると、続々と「SOS」が届くようになり、4月の緊急事態宣言以降、延べ360件を超えた。

 生活保護申請のため役所の窓口に同行しても、追い返されそうになる経験が数多い。担当者が対応件数を増やそうとしないためで「水際作戦」とも呼ばれる。「福祉事務所の対応は高圧的で、生命を守る仕事という自覚がない」とコロナ禍でも変わらない生活保護行政に憤る。

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文702文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の受験生、トイレに立てこもり警察が出動 注意されせき込む仕草も

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 新型コロナ、10年後には死亡率インフルエンザ以下に 米大学研究チームが試算

  4. ORICON NEWS 綾瀬はるか主演『天国と地獄』初回16.8%の好発進

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです