メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

車椅子でも輝く日常、SNSで発信

自宅近くでユーチューブ用に動画撮影する渋谷真子さん=本人提供

 2年前、事故によって半身不随となりながら、車椅子の障害者としての日常を動画投稿サイトで明るく発信し続ける女性がいる。山形県鶴岡市在住のユーチューバー、渋谷真子さん(29)。障害者のタブーのように扱われる排せつやセックスについても包み隠さず語り、チャンネル登録者は約8万人に達した。「特別でも何でもない、2度目の人生」と語る強さはどこから生まれてくるのか。その思いを聞いた。

 10月下旬、待ち合わせた東京都内のホテル喫茶店に、渋谷さんは自らデザインしたロゴ入りのパーカと、パンツ姿で現れた。車椅子生活の日常をはきはきと、時に笑い話を交えて説明する。「人並みに落ち込む日もあるけど、歩けないことを悩んでも仕方ありません。動画を投稿したり、講演したり、取材を受けたり。車椅子生活になって、逆に忙しくなりました」

この記事は有料記事です。

残り2110文字(全文2463文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

  5. 首相、コロナ病床増へ意欲 医師や看護師の給与増提言に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです