メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法 強制不妊訴訟 除斥適用「納得できぬ」 原告夫婦、手話で怒り 石松勉氏、松原洋子氏の話

「特段の事情」重要に 石松勉・福岡大法科大学院教授(民法)の話

 除斥期間のルールを厳格に適用する裁判官の姿勢が見て取れ、20年の経過を理由に国の賠償責任を認めない判断は致し方ない。今後、原告側が勝訴するためには、当事者が抱えていた特段の事情により、除斥期間の適用を制限すべきだとする主張が重要になる。障害や差別によって裁判を起こす…

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文414文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 報道は「密」を演出したのか カメラマンから見た「圧縮効果」批判と撮る側の悩み

  2. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. ORICON NEWS 吉川ひなの、第3子妊娠を報告「5人家族になることになりました!」

  5. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです