メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

河野氏、「ふげん」文科省説明に納得 使用済み核海外再処理「了承したい」

河野太郎行政改革担当相=長谷川直亮撮影

 河野太郎行政改革担当相は1日の記者会見で、新型転換炉「ふげん」(福井県)の使用済み核燃料を海外で再処理する文部科学省の方針を了承する考えを示した。「(文科省から)納得のいく説明があって了承したい。文科省が進めているプロセスで適切な対応が取られる」と述べた。政府の行政改革推進本部が先月行った「秋の行…

この記事は有料記事です。

残り227文字(全文377文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 西野七瀬、初舞台に緊張しきり「ストレッチからガチガチ…」

  2. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  3. 駿河湾に1メートル超の深海魚 「ヨコヅナイワシ」と命名 海洋機構ら研究チーム

  4. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

  5. 名古屋市消防局が救急搬送の2人、心肺停止に ベッド満床で受け入れ先見つからず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです