メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

立憲など野党、内閣不信任案提出見送り 5国会連続

国会議事堂=東京都千代田区で、本社ヘリから佐々木順一撮影

 立憲民主党など野党は1日、内閣不信任決議案の今国会提出を見送る方針を固めた。野党が早期成立に慎重だった国民投票法改正案の採決見送りが決まり、立憲幹部は「提出の大きなきっかけが失われた」と語った。不信任案を最後に出したのは2019年通常国会で、5国会連続で提出しないことになる。

 新型コロナウイルス感染拡大で、徹底抗戦…

この記事は有料記事です。

残り76文字(全文235文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今度は煉獄さん? 鬼滅の刃の引用で「弱き人助ける覚悟」問われた首相 衆院予算委

  2. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  3. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  4. マンUのユニホームに苦情が殺到 「深緑」の落とし穴とは?

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです