ブラジル熱帯雨林消失、08年以降最大 ボルソナロ政権に要因と専門家指摘

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ブラジルのアマゾン地域の2019年8月から20年7月までの1年間の森林伐採面積は約1万1088平方キロで、08年以降で最大となったことが11月30日、国立宇宙研究所(INPE)などが公表した観測データで明らかになった。地元メディアが伝えた。専門家はボルソナロ大統領が熱帯雨林保護に後ろ向きなことが要…

この記事は有料記事です。

残り126文字(全文276文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集