鬼の別府VS仏の臼杵 大分の2市、割引プランでPR対決

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
風呂おけに入れたフグの模型を見せる中野五郎臼杵市長(右)と長野恭紘別府市長=大分県別府市で2020年11月27日、大島透撮影
風呂おけに入れたフグの模型を見せる中野五郎臼杵市長(右)と長野恭紘別府市長=大分県別府市で2020年11月27日、大島透撮影

 鬼の別府か、仏の臼杵か――。大分県の別府温泉に割安で宿泊できる「鬼割」と、同臼杵市の名物のフグを割安で食べられる「ふぐ割」の利用者数を競う「おもてなしプライド・プロジェクト」が1日から始まる。両市の対決を演出し、観光客へのPRを盛り上げる作戦だ。【大島透】

 「鬼割」は別府市が6月から発売する「湯ごもりエール泊別府鬼割プラン」で、市内の旅館ホテルが格安プランを用意し、観光業界のため市も一部を助成する。約2万…

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文514文字)

あわせて読みたい

注目の特集