メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

想田和弘監督の「精神0」が仏ナント三大陸映画祭で最高賞

映画監督の想田和弘さん=栃木県足利市で2020年9月、竹田直人撮影

 フランス西部のナントで開催された第42回ナント三大陸映画祭で、想田和弘監督のドキュメンタリー映画「精神0」が最高賞「金の気球賞」を受賞した。日本の配給会社が1日、発表した。

 同映画祭はアジアとアフリカ、ラテンアメリカの作品が対象。新型コロナウイルス禍を受け、今年はオンラインで開催された。日本映画では過去に是枝裕和監督の「ワンダフルライフ」、富田克也監督の「サウダーヂ」、深田晃司監督の「ほとりの朔子」が最高賞を受賞している。

この記事は有料記事です。

残り70文字(全文284文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 コロナと生活困窮者 孤立させぬ支援と情報を

  2. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  3. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  4. 「無給医」巡り日本医科大に労基署が是正勧告 他の病院に影響も

  5. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです