メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

徳島県が障害者に分身ロボットを無償貸し出し 「社会参加のきっかけに」

県が貸出を始めた分身ロボット「オリヒメ」=徳島市で2020年11月6日午後1時29分、松山文音撮影

 障害などで移動や会話が困難な人たちが、自宅や病院にいても社会参加ができるきっかけにしようと、徳島県は10月下旬から、分身ロボット「OriHime(オリヒメ)」の貸し出しを無償で始めた。遠隔操作が可能で、持ち運びが可能なオリヒメは、難病患者の新たなコミュニケーションツールとして全国各地で活用が少しずつ広がっている。県担当者は、「ロボットを使って、行きたい、見たいなどの夢を実現してほしい」と、広く利用を呼びかけている。

 オリヒメは高さ23センチ、重さ660グラム。目線入力の機能で会話ができるほか、寝たきりでもロボットの目線に搭載されたカメラで周囲を見たり、マイクとスピーカーで会話できたりする。れいわ新選組で筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者の舩後靖彦参院議員が国会での使用を提案し、実証実験を行ったことでも注目を集めた。

この記事は有料記事です。

残り579文字(全文941文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

  5. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです